人気ブログランキング |

タグ:福島県 ( 3 ) タグの人気記事

磐越西線車窓より


c0277284_9204329.jpg


c0277284_921394.jpg


c0277284_9224175.jpg


c0277284_9252748.jpg


c0277284_9254866.jpg


山奥深い自然の中にも 人々の営みがあります。

7.7 磐越西線・喜多方→新津 (福島県)


by umemomiji | 2015-07-13 09:10 | 自然風景/夏 | Comments(0)

ローカル線


c0277284_98060.jpg



c0277284_981813.jpg



c0277284_985343.jpg



c0277284_994563.jpg



7.7 磐越西線・信越本線(福島県・新潟県)


by umemomiji | 2015-07-13 09:09 | 鉄道 | Comments(0)

蔵のまち 喜多方へ


駅をおりましたが ひとけがありません。紫陽花だけがお出迎えしてくれました。
c0277284_15541337.jpg


造り酒屋、酒蔵、味噌蔵、座敷蔵、お店も蔵・・・蔵造りの家が多いです。
c0277284_15553522.jpg


c0277284_15571065.jpg


c0277284_15573049.jpg


造り酒屋は今8軒のみ、今の時期は仕込みもなく ひっそりとしていました。

アンテナショップは 日本橋にあるそうです。

c0277284_15575172.jpg


珍しいレンガ造りの蔵

c0277284_15581062.jpg


明治から大正年間に建てられたものが多いです。

『喜多方市は、かつて「北方」と呼ばれ、江戸時代には物資の集散地として、また若松城下と米沢を結ぶ街道のまちとして栄えました。
喜多方市にはいまも4,200棟以上の蔵が広く分布しています。これだけ多くの蔵が建てられた主な理由として以下のことがあげられます。
1.物資の貯えに必要だった
2.醸造業や漆器業に最適だった
3.明治13年の大火でその耐火性が見直された
4.蔵を建てることは男の一生の夢だったこと
5.蔵造りの名工が数多くいた』

ネットより拝借しました。

7.6 喜多方市(福島県)


by umemomiji | 2015-07-10 15:00 | 街歩き/夏 | Comments(0)