人気ブログランキング |

タグ:長野県 ( 44 ) タグの人気記事

燃える秋

c0277284_20382298.jpg


c0277284_20392320.jpg


11.13 茅野市・ 長円寺(長野県)

by umemomiji | 2016-11-20 20:00 | 紅葉 | Comments(2)

長円寺の紅葉


c0277284_13003213.jpg


c0277284_16085207.jpg


c0277284_16263958.jpg


c0277284_16094810.jpg


11.13 長円寺 (長野県茅野市)

by umemomiji | 2016-11-19 00:00 | 紅葉 | Comments(0)

かわいい花を。


高嶺ルビーの赤はポリフェノールとか。
c0277284_22445190.jpg


9.27 長野県伊那市


by umemomiji | 2016-09-30 22:00 | 花を訪ねて/初秋 | Comments(2)

風にふんわり。


ふんわりと風にのってるもんきちょう、ルビーの赤そばがお似合いです。

c0277284_17314343.jpg


c0277284_17323441.jpg


秋のお盆が過ぎて、お日様はうれしかったけど、暑かったね!

9.27 長野県箕輪町(伊那市)


by umemomiji | 2016-09-28 17:00 | 花を訪ねて/初秋 | Comments(4)

お見送り



ご祖先様の霊を祀る(まつる)お盆の行事、16日には 霊たちが帰ります。

送り火をたき、灯篭を流します。

c0277284_1958409.jpg


c0277284_19592637.jpg


c0277284_2003458.jpg


c0277284_2022480.jpg


そして 花火を上げてお見送り。

c0277284_2041766.jpg


8.16 第66回岡谷市とうろう流し・花火大会 (岡谷市)


by umemomiji | 2016-08-21 20:00 | 祭り・イベント | Comments(0)

Kiss Of Fire & ナイヤガラ


どちらも花火のタイトルです。

c0277284_19394913.jpg


c0277284_19402790.jpg


c0277284_1942492.jpg



8.15 諏訪湖祭・花火 (諏訪市)


by umemomiji | 2016-08-21 19:00 | 花火 | Comments(0)

真夏の夜空に咲く


c0277284_13461220.jpg


c0277284_13465510.jpg


c0277284_13474193.jpg


c0277284_13481590.jpg


c0277284_13493732.jpg


8.15 諏訪湖祭り・花火大会 (諏訪市)
by umemomiji | 2016-08-18 12:00 | 花火 | Comments(2)

御柱祭り2


↓ 春一 お宮の手前、道幅が狭く 難所です。
c0277284_2045072.jpg


春宮へ到着の柱、方向転換。
c0277284_2047632.jpg


4月に春宮の手前まで曳かれていた秋宮の柱4本は 春宮の境内を通り 
下諏訪の街中~大社通りを登って 秋宮へと曳かれます。

秋宮へ向かう柱  綱の先頭はおそろいの法被(はっぴ)の氏子たちが引きます。
c0277284_20493877.jpg


c0277284_20512990.jpg


↓ 柱に一番近い綱を曳くのは 黄色い服のこの方たち
c0277284_20531034.jpg


綱のコントロールが難しそう・・・
c0277284_20541624.jpg


c0277284_20551271.jpg


柱を制御するのは 赤い服の方々 
c0277284_210247.jpg


あ、白い服の方もいます。
c0277284_21232.jpg


c0277284_2122850.jpg


c0277284_213553.jpg


なだらかな坂の上の秋宮まで 力を合わせて曳行します。

5.15 里曳き 下諏訪市街地 (諏訪郡下諏訪町)


by umemomiji | 2016-05-17 21:00 | 祭り・イベント | Comments(0)

樅の木を曳く


諏訪大社の上社の前宮・本宮、下社の春宮・秋宮 それぞれのお社の四隅に建てられている「柱」を
6年に一度立て替える神事のお祭りが 「おんばしら」 です。
つまり柱は合わせて16本、この「柱」は、立科から切り出され樹齢150年以上ともいわれる、
長さは16m、直径1m、重さ6トンもあるる樅の木の大木です。
お祭りの前年に伐採され枝を落とし、大切に山中に保管されていました。

この樅の木の16本の大木 「柱」 に縄を付けて、諏訪大社の氏子たちが総出で、上社・下社まで
順番に曳き お社の四隅にすべて建てるまでが お祭りの行程です。


山から春宮の近くまで曳くのが「山出し」 そして 一か月後 それらのはしらを 街なかを曳いて、
春宮・秋宮の境内まで運ぶのが、「里曳き」 柱をお社の四隅に順番に建てるのが「建て御柱」です。

↓  春宮一(の柱)、里引き開始 はしらが見えないくらい多くの人が綱を持ち曳きます。

c0277284_1355316.jpg


春宮一の柱の最後尾 
c0277284_13561580.jpg


春宮二、春宮木落とし坂を柱を曳く(落とす)

c0277284_1357618.jpg


c0277284_1358320.jpg


同時進行で、春宮一、慎重に建て御柱(たておんばしら)中。柱の先端はきれいに削られ(「冠落とし」)
なぜか、柱の上には命がけで人が並びます。

c0277284_1359112.jpg


ちなみに岡谷市の人口は約6万人、私も今回下社の里曳き・建て御柱に、親戚筋に招かれ、
にわか氏子に成り参加しました。

何万人もの氏子たちが協力してはしらを曳き、その柱を時間をかけて慎重に建てる、
 その連帯感と達成感、熱気・感動をともに味わってきました。

「樅の柱は里に曳かれて神となる」 おお~~~♪

# カメラ カシオコンデジ EX100F

5.15 おんばしらのひとこま(下諏訪町、下社春宮)



諏訪大社**
by umemomiji | 2016-05-17 14:40 | 祭り・イベント | Comments(0)

春の嵐


c0277284_13171782.jpg


c0277284_13182082.jpg


軽井沢2日目は お昼ごろから中軽井沢の星野地区へ。
湯川の流れに沿った雑木林は芽吹き・新緑が美しく心安らぎますと言いたいところですが、、、
ヒトも飲食店(レストラン)なども多く、ここはどこなの?って感じになりました。
珍しく三脚を立て じっくり撮影をと張り切ったものの、、折からの強風に葉っぱも小さなお花たちも揺れる、揺れる~~。
ザワザワ~と大きく揺れたり、さらさらと小さく揺れたり~止め処なく揺れてます。
私がばっちり止まっていても被写体が揺れては!止まってよ!と懇願してもお構いなしです。
撮れそうもないからはもうやめれば!って頭が命令しても、シャッターを押す手は止まりません。
場所を移動していたら、バス停に人が並んでいるのが見えて、諦めがつき、
あわてて三脚とカメラを抱えて列の後ろに並び the end.

5.1 中軽井沢(長野県)
by umemomiji | 2016-05-04 12:00 | 植物 | Comments(0)